スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win7+CentOSデュアルブート構築編 完

4日ほど前に、問題ばかりで出来なかったデュアルブートがようやく完了しました


今までのやり方だと以下のようにやっていました
dualafter.png

このようにやっていたところ、HDDのMBRにgrubをインストールをして
BIOSでHDDを先に起動するようにセットしても、何も出ずに起動が出来ないという感じでした

そこで、何が問題か調べていると
CentOSのbootディレクトリは、HDDの先頭部分近くにつくらなければならなく
MBRに隣接するようにしなければならなかったのですが、Windows7のデータ領域が邪魔をしているようでした


そういうわけで、データも入ってて移動するのは大変だし 新しいHDDを買ってきて、そちらにインストールしました

ただ、新しいHDDを増設したらDVDドライブがDVDを認識してくれなくてエラーが出まくったり・・・・
(DVD抜いたりして再起動を繰り返していたら、いつの間にか認識するようになっていました)


インストール後は、BIOSで追加したHDDを起動するようにしてみたところ普通に起動しました


その後、CentOSにて /root\grub\grub.conf だったかな?
grub.confの中身に「title CentOS・・・・」という部分があるので、そこから下をメモるなり、テキスト保存してUSBメモリにいれておくなりして

Windows7で、grub4dosをいれmenu.lstにコピーした部分を張り付ければおk

ただ、そのままだと(hd0,0)になっていたので
Windowsから見た場合はgrubがあるのは3枚目のディスクの先頭なので、(hd2,0)にすることで起動できました



そこから先はまだやっていない・・・・
もっと勉強して進めていかないとね
スポンサーサイト
pixiv
twitter
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。